自然感撮ノートexcite

虫の目レンズを作ろう

オークションで落札した、”虫の目ホルダー”が3日ほど前にやって来た。
”wanikunkoubou”の”ワニ”さんが、注文を受けて作ってくれているのだ。
レンズホルダーは虫の目レンズの”肝”と成る部品なので、とても有り難い。

もし自分で”虫の目レンズ”を作ろうと思う人は、ヤフーオークションのカメラの所で、”虫の目”で検索すれば出て来るはずだ。
工作機具を持っておられるようなので、いろんな相談にも乗ってくれるのではないかな?

a0073778_18453477.jpg


この前、仮組みした時空中分解させてしまった。
これは、カメラマウントと紙の間の接合方法に根本的問題があったので、この解決に時間を費やした結果、利用できるポリエチレン製のパイプを見つけ、構造も大幅に工夫し、何とか解決した。

今日再び組み立てた。
まだ接着剤や塗料が乾いていないが、”いらち”の僕は”辛抱たまらず”試写してみたが、結果は、微調整がいるものの ”グ~” である。

さて、構成であるが、レンズ先端から書いてみると
1、対物レンズ  WATEC 1920BH-4  f1.9 F:2
2、虫の目ホルダー パイプ長 60mm
3、フィルムケース蓋。(今回の問題箇所、当初、座金外形30mm内径15mmを使う予定   だったが、近所のホームセンターに無かったのだ。)
4、BORG 7850 (M39-M31.7AD)
5、拡大レンズ(EL Nikkor 50mm F4 リバースで使用)
6、BORG 7848 (M42P1-M34.5AD)
7、鏡胴(紙管) レンズ側鏡胴とボディ側鏡胴の二重重ね、スライドさせてピントを合わせる)
8、天体望遠鏡部品(M36.5-M42P1) マウント接合用に利用
9、M42-NikonFマウントアダプター

以上の構成となる。
書き上げてみると意外に、使用パーツが多い。
鏡筒部分はジャンクレンズを利用すると、精度の点、強度の点でメリットがあると思う。オークションで探したが適当と思われるのが今回見つからなかったが・・・。

さて写真で分かるが、”超長レンズ”である。
僕は、虫を撮りたいが、”虫が怖い人間”なのでこれで丁度良いかも~。
本当は、トキナー魚眼ズームを持っているので、これとの使い分けに良いのだ。
鏡筒を短くしたい場合は拡大レンズの焦点距離を、モット短くすればよい。

このレンズ、特徴が一つある。
虫の目ホルダーが、ネジ式になっているので、レンズのねじ込み具合を調整する事により、倍率可変式虫の目レンズとなるのだ。

今回僕の作った、”虫の目レンズ”は高度の原理で作ったものではない。
そして”思い切り”使い難そうな代物である。
こんなものを作って遊ぶ、これこそ趣味の醍醐味である。
”なんちゃって!!”

 
[PR]
by kawasemibox | 2007-08-05 18:46 | 撮影機材
<< 信州 奈川高原の夏ー山野草と昆虫たち 久し振りの撮影(やっと鳥に会え... >>



凍てつく冬の夜でも、メスを求めて彷徨う猫のように、ネイチャー系写真撮影にはまっています
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
BORG http://www.tomytec.co.jp/borg/
最新のトラックバック
やらねー奴バカだろ(^^;
from ぎゃんちゅ
Soma.
from Soma next day ..
3人ひゃほい!!!
from 逆なん
ロリすぐるーーーー!!!!
from せい氏
Chemical str..
from Cirrhosis and ..
カウパー多めwwww
from 持田
ちょwwwww
from のりお
Ambien onlin..
from Ambien generic..
もみもみボーナスwwww
from ねっちょり
これなんてプ レ イだよ..
from こっぷ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧