自然感撮ノートexcite

ETC車載器を取り付けました。

ETCを活用した高速料金の引き下げ。
ETCについて不快感を持っていた僕も、数年来、家族から責め立てられていた事もあってETCを導入することにしました。
その時、丁度”Nexco西日本”で車載器無料キャンペーンをやっていたので早速申し込みました。
それから5週間が経ち、ETCjカードも車載器も手元に届きました。

昨日、車に車載器を取り付け、
今日、墓参りの時に中国自動車道を走ってきました。
当然のことながら、ETC車載器は問題なく働いてくれました。

車載器の自動車への取り付けは30分程で出来ましたが、準備段階で二度ほど自動車部品ショップへ走りました。

僕は電源をヒューズBoxから取り出しました。
取り付けの問題点は3つほどあります。

1、ヒューズ電源をヒューズの代わりに差し込むのですが、ヒューズには平型ヒューズとミニ平型ヒューズがあ  り互換性が無いので自分の車のヒューズを確認する必要がある。
  ヒューズはヒューズ外しを使うと簡単で、通常ボンネットにあるヒューズボックスのケースの裏に固定されて  いる。

2、車載器とヒューーズ電源コードの接続の問題
  ヒューズ電源のコードにはメスのギボシ端子が付いていたのに、車載器のほうはワンタッチコネクターが付  いていました。
  ギボシ端子をカットして、ワンタッチコネクターと接続しても良いのでしょうが、ギボシ端子の方が信頼性が  高いようなな気がしたので、車載器のコードににオスのギボシ端子をつけました。
  この為、ショップに走りました。

3、Aピラーカバーの取り外し
  車載器の取り付けで、一番手間と時間がかかるのはAピラーカバーの取り外しです。
  これを外して、ここにコードをしまうのですが、Aピラーカバーがどうやってセットされているのか・・・。
  これが問題です。
  僕の場合、力任せにやりました。
  幸い、破損は免れました。

昔の車と比べると、内装部品の取り外しが分かりにくいです。
昔は、ボルト固定がほとんどだったので楽だったのですが、今の車は嵌め合わせにしていることが多いので、そのメカを知らないと壊してしまうことがあります。
くれぐれも取り付けは自己責任で・・・。
[PR]
by kawasemibox | 2009-04-19 21:41 | その他
<< BORGしゅう動ベースリングが... BORGの新製品に望む >>



凍てつく冬の夜でも、メスを求めて彷徨う猫のように、ネイチャー系写真撮影にはまっています
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
BORG http://www.tomytec.co.jp/borg/
最新のトラックバック
やらねー奴バカだろ(^^;
from ぎゃんちゅ
Soma.
from Soma next day ..
3人ひゃほい!!!
from 逆なん
ロリすぐるーーーー!!!!
from せい氏
Chemical str..
from Cirrhosis and ..
カウパー多めwwww
from 持田
ちょwwwww
from のりお
Ambien onlin..
from Ambien generic..
もみもみボーナスwwww
from ねっちょり
これなんてプ レ イだよ..
from こっぷ
ライフログ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧