自然感撮ノートexcite

カテゴリ:野鳥と昆虫( 4 )

河川敷は”ぽかぽか陽気”  その1

日曜日は久し振りに撮影に行ってきました。 
本当は、BORG101EDの光軸のズレを確認するテストをしてからと思っていたのですが、折角の好天気。
辛抱たまりません。
マクロレンズと、魚眼ズーム、そしてミザールD60F600mmをもって出陣。

毎日の筋トレ以外で、体を動かすのは久し振りです。
大空の下、体を動かすのは気持ちのいいものです、ママチャリを思い切り走らせます。
いい年した、”おっさん”が”にたにた”しながら自転車を思い切り”こいでいる姿”は”きも~”ですが、本人だけは”颯爽”とした気分です。 (笑

河川敷の土手では、”カラシナ”が咲いていました。
春らしい爽やかな”黄色”です。

a0073778_15211145.jpg

a0073778_15213168.jpg

a0073778_15215469.jpg


お、美味しそう!
綺麗と言う前に、思わず叫んでしまいました。
”花と蕾”をて”んぷら”にして、葉っぱは炒めたり、刻んで味噌汁に入れて・・・・。
日本酒で一杯やりながら”春の幸”を・・・・
たまりません!
”よだれ”まで垂れて来ました。
僕は”パブロフ”の犬か!
”季節を五感全てで味わい尽くしたい!”
こんな気持ちは、天敵”犬”が、散歩がてら尿まきをしているかも知れないと言う妄想で消えてしまいます。

やっぱり、河川敷のカラシナは見て楽しむのが一番です。

a0073778_15332873.jpg


レンズは数ヶ月ぶりに、ミザールD68F600mmを持ち出しました。
この天体望遠鏡は、ピント調整機構がラックアンドピニオン式になっていて、とても堅牢で、がたつきや撓みは全然感じられません。
調整距離は118mmもあります。
レンズ全体が一つの剛性体のようなものです。
従って、固有振動と、レンズ固定の際の支点を中心にした揺れを注意するだけでみます。
この事は、レンズ先端を何処かに固定した、鏡筒の長い天体望遠鏡に有利な、半手持ち撮影が可能であることを意味しています。
実際、去年このレンズで撮った写真の多くは、この方法で撮りました。
今回は、手すりetc.のない河川敷、三脚に乗せました。

実はBORG 101EDを改造しようと思っているのですが、いろいろなプランがあって迷っています。
基本は、補強の強化=重量の増加となる改造はしないと言うことです。
一時、ミザールのピント調整機構のラックアンドピニオンをBORGに移植する事を考えたりもしたのですが思い切りがつきません。

BORG 80mm鏡筒シリーズは大きなウイークポイントがあります。ドロチューブのがたつきとヘリコイドの撓みです。
この部分が、微振動発生の基点となっているのです。
この辺りは、メーカーもよく分かっているので、改良されたパーツが出てくrる可能性も大きくと思います。
それまで待ってみるのもいいか分かりませんね。
[PR]
by kawasemibox | 2009-03-22 15:21 | 野鳥と昆虫

初冬の淀川河川敷

12月 初冬といっても一面に霜が降りているわけでもない。
紅葉していた木々から葉が落ち、秋の終わりを教えててくれるだけである。
今日も朝から自転車に飛び乗り河川敷にでかけた。

a0073778_1755384.jpg

アリスイ
a0073778_17552650.jpg

上の写真を拡大

以前見かけたのと同じエリアでアリスイを見つけた。
アリスイの鳴き声は可愛い。
我が家の猫がたまに同じような鳴きかたをする。

a0073778_1855139.jpg

a0073778_186132.jpg


アリスイを初めて見たとき、これが啄木鳥の仲間とはとても思えなかった。
ちょっと変わった風貌にただ感動した。

今日の河川敷は、これほど天気が良いのに”鳥撮り”の人は驚くほど少ない。
鳥のほうも、これに合わせたかのように、あまり顔を見せてくれない。

だが、まだかろうじて生き残っている蝶が、僕を迎えてくれた。

a0073778_18123328.jpg

a0073778_1814316.jpg

ヒョウモン蝶

a0073778_1815448.jpg

a0073778_1818621.jpg

a0073778_1818208.jpg

アカタテハ
[PR]
by kawasemibox | 2007-12-02 17:58 | 野鳥と昆虫

秋の脇役

晩秋・・・。
河川敷は、秋から冬の鳥へと人々の関心は移る。

a0073778_21302982.jpg

朝陽を受けて囀る”ホオジロ”に関心を寄せる人は少ない。

a0073778_21315016.jpg

a0073778_2132135.jpg

晩秋の日に、生き延びている事が辛いのか・・・。
”トノサマバッタ”が、もの想いに耽っている。

そんな秋の日に、僕もセンチメンタルな気分になりました。
[PR]
by kawasemibox | 2007-11-11 21:35 | 野鳥と昆虫

枚方市山田池公園

このところ、カワセミを撮りに"山田池公園”に良く行きます。
途中、古い集落を通るのですが、昔ながらの民家が未だ残っていて何故か心が休まります。

a0073778_2372873.jpg

a0073778_238849.jpg

シグマ50mmF3.5-5.6DC (このレンズは安価でシャープで近くに寄れます。ただ欠点が二つあります。一つは接写時のボケが汚い事。もう一つは望遠側で絞り込むと周辺光量が大幅に落ちることです。この二点さえ気をつければ、超お得レンズです。)

日本の住宅街は、個々それぞれ好き勝手に建てられ、住宅街としての景観の統一性がなく醜悪に見えるのですが、古い町並みはその点”日本の美”をかもし出しているように思えます。

秋の山田池公園では、女郎蜘蛛があちらこちらに巣を張っています。

a0073778_23263829.jpg

a0073778_23265831.jpg

トキナー魚眼ズーム10-17mm

子供の頃、女郎蜘蛛を木の枝を使って、巣ごと二匹分確保し、二匹の女郎蜘蛛を喧嘩させて遊んだものですが、今はそんな光景を眼にしません。
戦う蜘蛛の、”スピードの速さと獰猛さ”今でも頭に焼き付いています。

今日は、待ち伏せ法でずっとカワセミが来るのを待ちましたが、やって来てはくれません。
その代わり、ハクセキレイが来てくれたのですが・・・・

a0073778_23351235.jpg


一羽のモズが来て、ハクセキレイを追い払いました。

a0073778_2336164.jpg

a0073778_23363721.jpg

[PR]
by kawasemibox | 2007-10-28 23:13 | 野鳥と昆虫



凍てつく冬の夜でも、メスを求めて彷徨う猫のように、ネイチャー系写真撮影にはまっています
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
BORG http://www.tomytec.co.jp/borg/
最新のトラックバック
やらねー奴バカだろ(^^;
from ぎゃんちゅ
Soma.
from Soma next day ..
3人ひゃほい!!!
from 逆なん
ロリすぐるーーーー!!!!
from せい氏
Chemical str..
from Cirrhosis and ..
カウパー多めwwww
from 持田
ちょwwwww
from のりお
Ambien onlin..
from Ambien generic..
もみもみボーナスwwww
from ねっちょり
これなんてプ レ イだよ..
from こっぷ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧