自然感撮ノートexcite

カテゴリ:野鳥( 153 )

都市公園のキセキレイ


これまでso-netブログを使っていたのですが、
OSを再インストールしたところSso-netブログに入れなくなってしまいました。
そういう訳で、それ以前に使っていたexciteに戻ります。
この一ヶ月以上、ほとんど野鳥撮影から遠ざかっていました。
忙しかったのとパソコンのトラブルが原因です。
パソコンはウィルス対策ソフトのインストールに失敗し
ネットが使えなくなったのです。
OSを再インストールしたかったのですが
肝心のOSが行方不明
さてどうするか
いろいろ考えたのですが
ひょっこりOSが出てきました。
再インストールと共にメモリーを増設し
やっと快適にPCが動くようになりました。
ところがso-netブログに入れない。
IDとかパスワードとか入力しても入れない。
という訳で
exciteに戻りました。
さてネイチュアー系の写真撮影ですが
この一ヶ月以上の間
ほとんど行けませんでした。
久しぶりに行った野鳥フィールドは
季節により大きく環境が変わり
僕はまるで浦島太郎になった気分です、
今日は27日に行った
都市公園と河川敷の写真をアップします。
a0073778_20532486.jpg
a0073778_20535562.jpg
a0073778_20543089.jpg
a0073778_20551063.jpg

a0073778_20555676.jpg

都市公園のキセキレイ

a0073778_20564360.jpg
a0073778_2057668.jpg

河川敷ジョウビタキ

a0073778_20575499.jpg

河川敷 ヒヨドリ

久しぶりに野鳥撮影をすると
日ごろよく目にする鳥たちが
とても懐かしく愛おしく思われます。


NikonD300s + CanonNewFD300mF2.8 + NikonTC16A
[PR]
by kawasemibox | 2012-10-30 21:01 | 野鳥

背割り提

今日は、イタセンパラさんと天文中年さんが、背割り提に行かれるというので僕も一緒に参加させてもらいました。
お二人とも撮影技術はもちろんのこと、野鳥についての知識も豊富でいつも勉強させてもらっています。
イタセンパラさんは植物の知識も深く、天文中年さんは昆虫、特にトンボについての知識が豊富で、撮影技術は誰にも真似の出来ない名人の域に達している人です。

知識の底が浅くて狭く、その上ローテクニックの僕が一緒では足手まといだったと思いますが、いろいろ勉強させてもらいました。

a0073778_22463447.jpg

桜の名所、背割り提ですが、桜は散り始めていました。

a0073778_2247916.jpg

a0073778_22473912.jpg

ニュウナイスズメ

桜の花と一緒のニュウナイスズメを撮りたかったのですが、花の散った桜では写真的に綺麗でないのでボツにしました。

a0073778_2252475.jpg

a0073778_22524213.jpg
a0073778_22532852.jpg

後姿艶雄

a0073778_22541493.jpg

虫を食べるニュウナイスズメ

今日は、とりあえずニュウナイスズメ♂の写真をアップしました。

ニュウナイスズメは面白い風習があって、桜の花を茎のところから摘み取って、地上に捨て去ります。
花茎の部分の僅かな蜜を舐めているのでしょうか?
あまり上手く撮れませんでしたが、後日ブログに掲載したいと思います。


OLYMPUS E-410 + BORG101ED 直焦点  電子マウントアダプター
[PR]
by kawasemibox | 2009-04-11 23:02 | 野鳥

河川敷の野鳥

a0073778_2010330.jpg

ウグイスが囀っています。
露出がアンダーですが、肉眼で見た感じにむしろ近いかもしれません。

a0073778_20102950.jpg

a0073778_2010485.jpg

ウグイスに負けじと囀っている、ホオジロさん。

a0073778_20134424.jpg

紅マシコ♀もまだ河川敷に残っていました。
[PR]
by kawasemibox | 2009-04-10 20:14 | 野鳥

地表の鳥  都市公園で

都市公園でも、地表にいろんな鳥が降りて来て餌を啄ばんでいます。
公園の広場で、待ち構えているといろんな鳥がやって来ます。

a0073778_22414790.jpg

a0073778_2242956.jpg

アオジ♂です。
この冬は、去年の冬ほど見かけませんでした。

a0073778_22472618.jpg

a0073778_2247512.jpg

a0073778_22482742.jpg


日当たりの良い草原をムクドリが歩き回っています。
ちょこまか歩き回りピント合わせが大変です。
眼がキャッチライトしてくれません。写すのが難しい鳥さんですね。

a0073778_22544442.jpg

a0073778_2253513.jpg

a0073778_2255296.jpg

a0073778_22552359.jpg

a0073778_22554355.jpg

a0073778_2256276.jpg


広場の隅の枯れ葉の吹き溜まりでは、シロハラが”がさごそ”音を立てて餌探し。
この鳥も僕は大好きですが、OLYMPUS E-410にとって苦手な被写体です。
シロハラは影にいることが多いので、どうしても暗部ノイズの多いE-410では繊細に取れませんが、レンズをBORG 101EDにすると結構細かいところまでの描写が出来ています。
嬉しい誤算ですね。

OLYMPUS E-410 + BORG101ED 直焦点  (アオジ、ムクドリは電子マウントアダプターによるキャッチインフォーカス)
[PR]
by kawasemibox | 2009-04-08 22:52 | 野鳥

春のモズ

モズといえば、宮本武蔵の水墨画のイメージが強い。
荒涼とした冬枯れの枝に、凛としたたたずまいで止まり、眼光鋭く獲物を狙う姿が浮かんでくる。
毎年、武蔵の絵の光景を写真に撮ろうと思っているのだけれど、未だ願いは果たせない。

だけど、自分のイメージにあわせて写真を撮ろうとする”作為”的な考えに、”これは違うんではないか”と言う想いも強い。
己の観念に合わせて、自然を理解しようとする姿に、我ながら、”何のために自然と接しているのか”と考え込んだりもする。
先入観念を捨て、裸の気持ちでいたいと思うのだが、僕はもう若くはない。
経験の積み重ねによる既成観念が、体全体に癒着してしまっている。

と思うと急に自分が”滑稽”になってくる。

まとっている贅肉は仕方がないとして、来る物は全て打つ。
好球必打で無く、”来る球必打”のダボハゼ精神
好球か好球でないかは打ってからの判断

ということにして、カメラを担いでフィールドに出かけました。

a0073778_1803743.jpg


フィールドに着くと、モズ♂さんが絶好の枝に止まって獲物を狙っています。
自転車を止め、ゆっくりとカメラを取り出し三脚にセットしました。

a0073778_185547.jpg

a0073778_18145916.jpg

a0073778_1852843.jpg


美しいけれど、モズさんのキャラが出てませんね。
僕の好みではありません。
翌日、違う場所にモズさんを狙いました。
今度は♀です。

a0073778_18204464.jpg

a0073778_1821270.jpg


やたらよく鳴くモズ♀さんでした。
表情も豊かでしたが、止まった場所がイマイチでした・・・。

写真は難しいですね。
これだから止められません!!。

OLYMPUS E-410 + BORG 101ED + 電子マウントアダプター  直焦点
[PR]
by kawasemibox | 2009-04-07 18:23 | 野鳥

天野川の桜ヒヨドリ

相変わらず忙しい日々が続きます。
仕事の間隙をぬって、鳥撮に出かけるようにしているのですが、撮った写真の整理が出来ません。
とりあえず季節性の高い、”桜ヒヨドリ”をアップしました。
今年の花見は、”ヒヨちゃん桜”です。

このところ天野川には全然行ってなかったのですが、”カワセミ”と桜を食らう”ヒヨドリ”を狙って天野川を遡りました。

カワセミは姿を見ることが出来なかったものの、ヒヨちゃんはいっぱいいました。
桜の樹の下で待っていると、次から次へやって来て、花の蜜を吸ったり、花びらをかじったり・・・。

a0073778_12234868.jpg

BORG101EDの調子は良いようです。
きっちりとピントを合わせ、微振動さえ抑えられればすごい解像力です。
もっともなかなか上手くいかないのが、世の常
本当は、もう少し離れて撮りたかったのですが、枝被りする為、撮影ポイントは限られます。
チョイ撮りシステム(E-410 + AF Nikkor 75-300mm)を持って来れば良かったかもしれません。


a0073778_12255767.jpg

a0073778_1226227.jpg

a0073778_12261321.jpg


ヒヨドリ君、一箇所でじっとせず、花から花へ・・・。
喋々やないんやから、じっとしていなさい!
”甘い物大好き!”のヒヨドリ君、夢中でした。
[PR]
by kawasemibox | 2009-04-05 12:30 | 野鳥

河川敷 春の歌い手

河川敷は今、春爛漫です。
春の歌い手、ウグイスも藪から出てきて、大声で囀ります。
鳥の囀りを識別できない僕も、ウグイスはちゃんと識別できます。
すずめと・・・、カッコウと・・・、ウグイス・・・、・・・・
あれっ!
囀が分かる鳥はたったこれだけ・・・・。
”こんなん、みんな知っとるがな”
”何年、鳥撮やってんねん!”
こう言われそうですが、”分かりませんねん、往生しまっせ~”という状態です。

こんな鳴き声音痴な僕も、ただ手をこまねいて”無知”の状態に甘んじているわけではありません。
野鳥の鳴き声のCDを聞いたり、PCからことりのさえずりをダウンロードして聞いたり、人並み以上の努力を払っているのですが・・・。

分かりませんねん。
すぐに忘れてしまいますねん。

でも今日は、ウグイスです。自信を持って、この囀りはウグイスの囀りだと断言できます。

ホーホケキョ♪

a0073778_23181476.jpg

a0073778_23183469.jpg

a0073778_2318522.jpg


OLYMPUS E-410 + BORG 101ED 直焦点
[PR]
by kawasemibox | 2009-03-30 23:20 | 野鳥

BORG 101ED の試し撮り

BORGの解像度が低下した原因を、当初は光軸ズレの性と疑っていたが、トミーテックの中川さんに教えてもらった方法でテストした結果、”光軸がずれている場合発生する現象”は認められなかった。
一方、カメラの視度調整リングが正常値より2段ずれていて、このため正確なピント合わせが出来なかったのではないかという疑いが出てきた。

相変わらず仕事が忙しいのではあるが、早朝の1時間、BORG101EDのテスト撮影と春野草の拡大撮影を兼ねて河川敷にでかけてきました。


a0073778_22113949.jpg

草藤(クサフジ)
この数年前から河川敷で、よく見かけるようになりました。信州の標高1350mmほどの高地でも見かけます。
繁殖力は、けっこう強いようですね。
名前はずばり”藤”に似た草と言うことでつけられたようです。

a0073778_2218717.jpg

姫踊り子草
またまたヒメオドリコソウです。

OASIS M42 ヘリコイドシステムを使って撮っています。
レンズはEL Nikkor 50mm F4 引き伸ばしレンズです。
このシステムのメリットは、中間リングを使って、簡単に×3までの拡大撮影が出来る。
レンズが小さいので、ワーキングディスタンスが大きく取れる。
拡大撮影の場合もカメラ内臓ストロボが使える。

いちばん安価、かつ手軽に拡大マクロが楽しめるところにあります。

さてBORG 101ED のテストですが・・・・。
困った時の、ホオジロさん頼み。

河川敷ではどこにでも姿を見せ、撮るものがなく困っている時に相手をしてくれる、”気立てのいい奴です!”

a0073778_22332068.jpg

a0073778_2233472.jpg

a0073778_2234815.jpg


久し振りにシャープに撮れました。
やっぱりピント合わせに問題があったのでしょうか?
とりあえず当分、このまま使って行きたいと思います。
[PR]
by kawasemibox | 2009-03-29 22:29 | 野鳥

河川敷は”ぽかぽか陽気”  その3

春の陽気につつまれた河川敷
紅マシコが活発に活動していました。

a0073778_0435634.jpg

紅マシコ ♂

もちろん♀の紅マシコも食欲旺盛、元気に飛び回っています。
a0073778_044663.jpg

a0073778_0443175.jpg


あれっ、後ろを向いたまま、顔を見せてくれない鳥さんがいます。
エナガでしょうか?

a0073778_0465516.jpg


河川敷の帰り道、ここでは初めて見る”ヒレンジャク”に出会いました。
あちらの樹へ、こちらの樹へ
目の前をゆっくりと飛び回っていました。

a0073778_0521773.jpg

a0073778_0523951.jpg

[PR]
by kawasemibox | 2009-03-26 00:51 | 野鳥

紅マシコ

冬の間、藪に隠れて、ほとんど姿を見せなかった紅マシコも、2月の下旬から3月にかけて結構姿を現すようになってきます。
枯れ草に残っている種子を食べたり、柳の新芽をつついたり・・・。
毎年、2月から3月は紅マシコを探して河川敷のポイント、ポイントを巡り歩きます。
さて今年は、真っ赤な♂の紅マシコさんに出会えるか?

意外にあっけなく、紅マシコさんに出会えました。
場所は、僕が初めて紅マシコに出会ったポイントです。
a0073778_22224883.jpg

a0073778_2223132.jpg


a0073778_22243352.jpg


a0073778_22252163.jpg

a0073778_22253968.jpg


こんなサービスの良い紅マシコさんの群れに出会ったのは初めてです。
嬉しくて”わくわく気分”で撮影していたのですが、残念な事が一つあります。
シャープな像が得られないのです。
実は二月の中旬、同じ河川敷で野鳥撮影した時、後半の絵が全て鮮明度に欠けていたのです。
ファインダー像もピシッと決まりません。
僕の眼の性かと思っていたのですが、その後撮影した写真もピントが決まりません。
ひょっとしたらレンズの光軸が狂ったのでしょうか?
BVORG101EDは光軸がずれ易いと天文マニアの間では言われているそうです。
レンズを担いであちらこちら動き回る野鳥撮影では、天体観測で使うより光軸がずれ易い条件が揃っているので狂ったのかも知れません。

トミーテックの中川さんにメールで道具なしに光軸のズレを確認する方法を教えてもらいました。
さっそくテストしてみようと思います。
BORGは小さな会社なので、ユーザーの質問etc.に迅速に対応してくれます。
光軸のズレの場合は、自分で調整する方法もありますが、壊しては元も子もないので(しょっちゅう狂うようなら自分で調整しますが)メーカー送りとなりそうです。
納期は約30日かかるそうです。

でもBORGって不思議ですね。
3ヶ月も経たずに不良現象が現れても全然腹が立ちません。
むしろ現象を理解し、その対策を考え、いつまでも大切に付き合って生きたいと感じます。
これはBORGの製品は、いわゆる金を払って手に入れることの出来る完成品でなく、ユーザの工夫やパーツの使い方によって自分の好みにカスタマイズ出来る商品だからでしょうか。

久しぶりに相棒と呼べる道具を手に入れたのかもしれません。


OLYMPUS E-410 + BORG101ED + 電子マウントアダプター
[PR]
by kawasemibox | 2009-03-09 22:54 | 野鳥



凍てつく冬の夜でも、メスを求めて彷徨う猫のように、ネイチャー系写真撮影にはまっています
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
BORG http://www.tomytec.co.jp/borg/
最新のトラックバック
やらねー奴バカだろ(^^;
from ぎゃんちゅ
Soma.
from Soma next day ..
3人ひゃほい!!!
from 逆なん
ロリすぐるーーーー!!!!
from せい氏
Chemical str..
from Cirrhosis and ..
カウパー多めwwww
from 持田
ちょwwwww
from のりお
Ambien onlin..
from Ambien generic..
もみもみボーナスwwww
from ねっちょり
これなんてプ レ イだよ..
from こっぷ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧