自然感撮ノートexcite

<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ルリ君 まだ居たの?!

魚露目8号の試撮のついでにルリ君のポイントに行ったら、ルリ君の気配。
慌ててリュックからE-410を取り出し撮影。
待ち時間ゼロの高効率

a0073778_21124225.jpg


a0073778_2113898.jpg


a0073778_21133063.jpg


まだ居たのルリビタキ♂君
もうそろそろ帰った方が良いんじゃない?
[PR]
by kawasemibox | 2008-03-29 21:21 | 野鳥

魚露目8号を試してみる。

今日、すこし時間がとれたので虫の目レンズ”魚露目8号”を持って春を撮りに・・・。

a0073778_2149456.jpg


D70s+シグマ18-50mmF3.5-5.6+魚露目8号
ワイド側で撮影

近寄っても逃げない子猫をモデルに

a0073778_21532679.jpg

花壇で
a0073778_21535279.jpg

ヒメオドリコソウ
a0073778_21541584.jpg

オオイヌノフグリ
a0073778_21544134.jpg

タンポポ

50mmで撮影、被写界深度はワイド側で撮るより浅くなる。

絞り値はカメラ任せ。
なかなかの写りである。昆虫撮影の実践で使うには、最適絞りの検討が必要であるが、
”これは使えそう!”と言う印象
次回はレンズの性能を引き出す設定を検討します。
[PR]
by kawasemibox | 2008-03-28 21:51 | 撮影機材

魚露目8号をデジタル一眼に装着する。

虫の目レンズが昆虫撮影する人の間で注目されてから久しい。
マニアの間では、ドアスコープ用レンズを利用して自作するのが流行ったようであるが、現在は落ち着いた感じがする。
理由の一つが、フィット社から発売された魚露目8号の登場である。
自作マニアがよく使ったワテック社のG1.9は、焦点深度が深く良いのだが、イメージサークルが小さく、それを拡大するのに工夫が必要だったし、そのまま拡大すれば倒立像になった。
フィールドレンズを介在させればその点は解決するのだが、コストに見合う性能と言う点でかなり疑問があった。

こんな時発売されたのが魚露目8号である。
これは、対物魚眼レンズにフィールドレンズを加えた光学系の為、正立像が得られる。
さらには手持ちのレンズが結像レンズとして働き、AFやAEが使えるので非常に便利かつ安価しかも、かなりの解像度のある絵が得られる。

超精密写真を撮りたい人は別にして、手軽に虫の目写真を写すには、現時点でこれが最高ではなかろうか?

a0073778_17385188.jpg

a0073778_17392033.jpg

デジタル一眼 NikonD70sに今回の最適組み合わせで構成した虫の目カメラ

魚露目8号+取り付けリング52mm+52-58mmステップダウンリング+シグマ18-50mmF3.5-5.6+ケンコーテレプラス×1.5+NikonD70s

魚露目8号はレンズだけ購入すると、レンズに磁石つきリングがついてくる。
このリングは魚露目8号に刻んであるねじ山に合うのだが、”がたつき”がある。
そのため魚露目を取り付けリングに固定する為には、魚露目8号を購入する際、同時に磁石なしリングを購入する必要がある。
別発注すると送料や代引き手数料が二重にかかり非常に高い物になってしまう。
ギョロショップでは、宅急便による着払いでしか購入が出来ないのである。
僕の場合は、仕方なくがたつきを抑える為に、水道管用のシールテープを魚露目8号のねじ山に巻くことで解決した。

a0073778_17542722.jpg

魚露目取り付けリングの裏側に磁石つきリングをセットし。表から魚露目をねじ込む。

a0073778_181019.jpg


赤いキャップは、レンズ保護用。
一工夫した優れものである。


a0073778_1825043.jpg

魚露目8号より少し大きめの樹脂キャップ、今回いろいろ探した結果、卓上ガスコンロのボンベのキャップが見つかった。

この内側にレンズが奥にぶつからないように円筒状のストッパーを入れる。
そのとき樹脂製のヒモを同時にセット(今回はパソコン組み立てた時に使ったケーブルの結束バンドを切って使用)これで固定できる。

これは魚露目にフィットするだけでなく、キャップを嵌める際ガードとなってキャップがレンズと接触するのを防いでくれる。
何よりもキャップが嵌めやすい。500円も出して純正品を買うよりこちらの方をお勧めする。

と言う事で今回は魚露目8号の紹介をしました。
尚、E-410にセットできないかと標準ズーム14-42mmにセットしたのですがケラレが多い為、使うのは諦めました。
画像そのものはシャープです。×2テレコンを使っても少しけられると思います。
[PR]
by kawasemibox | 2008-03-27 17:35 | 撮影機材

Y池のジョビ君

Y池のジョビ君が旅立って、もう1週間以上になります。
この冬は、よく写しました。
これ程可愛い奴なのに、ルリ君を追い払ったりして、憎まれたりもしたようです。

また会える日が楽しみです。

a0073778_23448.jpg

a0073778_2343925.jpg

a0073778_235129.jpg

[PR]
by kawasemibox | 2008-03-26 23:05 | 野鳥

魚露目8号と部材が来ました。

最近忙しくて、鳥撮どころではありません。
ブログの更新もなかなか出来ないのですが、昨日”魚露目8号”とレンズに取り付ける部材が揃ったので早速組み立て、試写してみました。
以前作った虫の目レンズは、面白いのですが実用的には使い辛く、レンズの原理学習用という範疇を越えることが出来ませんでした。

組み立て方は後日書きますが、部材(購入店)は次のとおりです。
1、魚露目8号   (ギョロショップ)
2、魚露目用リング52mm(ヤフーオークション・・ワニサンコウボウ)
3、ステップダウン・リング(52-55mm、52-58mm) 青木カメラ店(京都)
4、水道用シールテープ(DIY)
  より堅固に組み立てるには、ギョロショップで魚露目8号を購入する時に磁石なしリングを購入するか、高いのを我慢してリングアダプターを購入すればよいでしょう。

さて、試写はパパッと雑草を写して済ませました。
魚露目はレンズを選ぶらしいので、最適レンズをチェックしておくのが目的です。

1、シグマー18-50mm F3.5-5.6DC  魚露目と相性が良いと言われている。
2、シグマー50mmF2.8マクロ
3、タムロン90mmF2.8マクロ

ボディーはNikon D70s+ケンコーテレプラス×1.5
さて結果は、

a0073778_2247346.jpg

No1  撮りっぱなし
a0073778_22452476.jpg

No1 アンシャープマスクを少しかけました。

a0073778_22481080.jpg

No2 50mmマクロ

a0073778_22501225.jpg

No3 90mmマクロ (テレコンはつけてません)

結果はシグマ18-50mm F3.5-5.6が一番良さそうです。絞りはどれもF5.6前後です。
もっと絞り込めばもっとよい絵が得られるでしょう。
このレンズなら、ワイド側にすれば円周画像も得られより面白く使えそうです。
今年は。これで積極的に昆虫写真を撮るつもりです。
[PR]
by kawasemibox | 2008-03-25 22:51 | 撮影機材

さよなら! K池の野鳥たち 

K池でミヤマホオジロの撮影をする人の多くは、トラツグミやジョウビタキを合わせて撮る事が多いようだ。
トラツグミのポイントが近くにあり、しかもよく出てきてくれるようだ。

a0073778_027099.jpg


a0073778_027255.jpg


芝の広場でミミズを漁っているのだが、地中のミミズをどうやって探し出すのか不思議である。

a0073778_030248.jpg


ミヤマホオジロのポイントで必ず出て来た”ジョビ嬢”
しぐさがとっても可愛い。

みんな春とともに渡って行くのだね・・・。
[PR]
by kawasemibox | 2008-03-21 00:27 | 野鳥

さよなら! K池の野鳥たち 1/2

日曜日はK池
前回の場所で、ミヤマホオジロを待ちうける。
なかなかやって来ない、もう抜けてしまったのかと心配したがAM10時15分頃やっと来てくれた。
♂二羽、♀一羽
前回は一羽ずつだったが、同時にやって来た。
そろそろ群れをつくり出したようである。
渡って行くのも時間の問題である。きっとミヤマホオジロに会うのも最後だろう。

a0073778_23424257.jpg
a0073778_23431299.jpg
a0073778_23454069.jpg
a0073778_2346476.jpg

a0073778_2345157.jpg


♀は、藪の中から出て来ず、もう一羽の♂は、頭の鶏冠が立っておらずアップしなかった。
その後も何度も、ミヤマホオジロは出てきて相手をしてくれた。
[PR]
by kawasemibox | 2008-03-19 23:46 | 野鳥

さよなら! Y池公園の冬鳥たち

日曜日の朝早くからK池で”ミヤマホオジロ”を待つ。
なかなかやって来ない。
突然、山じゅう、カラスの鳴き声が響き渡る。
猛禽類でも現れたのか?
・・・・・・
突然、多数のカラスが目の前の現れた。
猛禽類が来たのでなかった。雌をめぐって仲間同士激しく争っている。
繁殖の季節に入ったのだ。季節はもうすっかり春なのだ。
今待っているミヤマホオジロも、まもなく渡って行くだろう。

冬の間、遊んでくれた野鳥たちの事が思い出される。
”ありがとう”心の中でそう呟く。


a0073778_2341373.jpg

この冬は、ルリビタキ♂を初めて見、そして写真も多数撮らしてもらった。
ジョビ君に追い払われてばかりだったけど、次は強くなって帰って来るかな。

a0073778_23451944.jpg

a0073778_23454870.jpg

ジョビ嬢、撮るものがなく困っている時でも、必ず現れ、”ポーズ”までとってくれた可愛い奴だった。

a0073778_23483653.jpg

a0073778_23485527.jpg

ヒクイナのテリトリーにやって来て、ちゃっかり居座った、ちょっぴり臆病なナイスガイ。
野良猫に気をつけてね。


土曜日に、これらの鳥と別れを告げ、日曜日はミヤマホオジロや虎ツグミと別れを告げました。
日曜日の写真は後日、アップします。
[PR]
by kawasemibox | 2008-03-17 23:53 | 野鳥

梅メジロ

様式美と言うものがある、カント風に言うと先験的理性に裏付けられた美の形式という事になるのだろうか・・・。
ところで僕は、様式美の存在と美しさは認めても、自らが様式的なものを取り入れようという気持ちはあまりない。
”美意識”より今のところ被写体自体への興味が勝っていて、見たり撮ったりするだけで楽しい。
といっても様式的なものに背を向ける、言い換えれば、それに反発するという物事に囚われた物の見方はもっと嫌である。

という訳で、梅の季節が終わる前にと”梅メジロ”を撮りに行ったが、メジロ君ちょこまかちょこまか動き回り、ピントがなかなか合わない。
メジロ撮影に備え三脚のハンドルにL型金具をつけ、それにリモートケーブルを装着し、素早くシャッターを切れるようにしたが、これが大失敗。

シャッターを切ると、レンズがぶれる!
AF、高速シャッターが・・・、と泣きが入った。

a0073778_17535749.jpg

[PR]
by kawasemibox | 2008-03-16 17:54 | 野鳥

そろそろ活動?

3月に入ると急に春めいて・・・・
そろそろ冬眠中の虫たちも活動を始めたようである。
横綱刺亀虫のポイントに出かけてみたが、相変わらず木の凹みで折り重なっている。
なんだ・・・、と思って足元の草叢に目をやると横綱刺亀虫の幼虫が!

a0073778_2315440.jpg

a0073778_23153584.jpg


あの太い嘴で刺されたら痛いのだろうか?
蚊やアブの針と較べて太い
あそこからなんか物質を注入するのだろうか?

こういうことを考えると、体のあちらこちらが痒くなり、無数の虫にたかられている気がしてくる。

ああ、こわ~!
[PR]
by kawasemibox | 2008-03-15 23:21 | 昆虫



凍てつく冬の夜でも、メスを求めて彷徨う猫のように、ネイチャー系写真撮影にはまっています
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
BORG http://www.tomytec.co.jp/borg/
最新のトラックバック
やらねー奴バカだろ(^^;
from ぎゃんちゅ
Soma.
from Soma next day ..
3人ひゃほい!!!
from 逆なん
ロリすぐるーーーー!!!!
from せい氏
Chemical str..
from Cirrhosis and ..
カウパー多めwwww
from 持田
ちょwwwww
from のりお
Ambien onlin..
from Ambien generic..
もみもみボーナスwwww
from ねっちょり
これなんてプ レ イだよ..
from こっぷ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧